日本リヒテンシュタイン協会
Japanisch-Liechtensteinische Gesellschaft

 

日本リヒテンシュタイン協会とは

ここでは日本リヒテンシュタイン協会とはどんな団体であるのかを簡単にご説明します。

「日本リヒテンシュタイン協会」とは
-1976年設立の友好・親善団体です-

「国際化」とか「民間交流」といった言葉はよく耳にします。外国とお付き合いをする上で基本的に重要なことは、民間レベルでの継続性ある交流をすることで、日本には多くの国々との「二国間交流」を目的とする団体が活動しており、当協会もその一つです。
 「日本リヒテンシュタイン協会」は、日本国とリヒテンシュタイン侯国との間で、正式な外交関係を樹立する1996年よりも20年前の1976年に設立され、両国間の民間レベルでの友好・親善に寄与してきました。
 論文公募による「青少年日本招待計画」では、今まで16名を日本に招待し、日本への理解を深めてもらうと共に、同国での「知日家」の育成にも一役買いました。招待者からはその後、毎年日本を訪れる者も出るなど、協会を中心とした交流の輪が少しずつ大きくなりつつあります。

日本リヒテンシュタイン協会入会のご案内も同時にご覧下さい。


 当協会の事業の一つとして、同国の二つの新聞「ファーターラント」と「フォルクスブラット」を国立国会図書館で閲覧できるよう献納しているほか、2013年には協会設立以来、収集してきた「リヒテンシュタイン侯国」関係の貴重な文献25点を同館に寄贈しました。
 世界屈指の侯爵家美術コレクションについては、日本でまだ知られていなかった頃から、当会は広報活動に力を入れ、1983年と2004年にはNHKでの「侯家美術コレクション特集番組」の制作に全面協力しました。
 同国を知る手掛かりとしては、当協会設立者の植田健嗣が『ミニ国家リヒテンシュタイン侯国』(郁文堂刊)を出版し、同国を多角的に紹介しています。近年は協会員によるリヒテンシュタイン研究も盛んになり、岡田靖子会員(埼玉女子短大教員)の同国での英語教育研究、新川匠会員(神戸大教員)の政治研究などの成果があります(下記参照)。

新川 匠郎 正会員(神戸大学講師・博士)の研究業績
著書
・Niikawa, Sho and Andreas Corcaci(2016)”Reconsidering coalition theory”
Sebastian Wolf(ed.) State Size Matters, Springer.
・新川匠郎(2019)『大連立政権は民主政治の十分条件か:21か国の比較を通じて』晃洋書房。
論文
・新川匠郎(2017)「リヒテンシュタインにおける大連立の条件配列」『コスモポリス』第11号13-22頁(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻紀要)。
・新川匠郎(2019)「リヒテンシュタインにおける新党の議会進出」『選挙研究』第35巻第2号103-121頁(日本選挙学会)。
国際会議発表
・Niikawa, Sho und Andreas Corcaci(2014)?Rechtserzeugung und -durchsetzung
in Liechtenstein“ 4. Tagung der Themengruppe ?Politik und Recht“ der
Deutschen Vereinigung fur Politische Wissenschaft in Kooperation mit dem
Liechtenstein-Institut in Bendern (Liechtenstein).
新川講師の他のドイツ語圏に関する論文や報告については下記を参照願います。
https://researchmap.jp/7000019421