日本リヒテンシュタイン協会
Japanisch-Liechtensteinische Gesellschaft

 

「リヒテンシュタイン侯国」をご存知ですか

日本リヒテンシュタイン協会からのお知らせ

 スイスとオーストリアに挟さまれたれた小国が「リヒテンシュイン侯国」です。面積は160平方キロと、世界で6番目に小さな国、人口は3万8千人、公用語はドイツ語です。近年は「金融立国」として地位を固め、国民一人当たりの実質所得は、日本円にして年間1千万円を超える世界でも有数な豊かな国です。ヨーロッパの小国をもっと知ってみませんか!

 リヒテンシュタイン侯国はハンス・ア―ダムⅡ世侯爵を元首とする立憲君主国です。そもそも1142年、オーストリアの首都ウイーンの南16キロのメートリングにあるリヒテンシュタイン城を居城とし、お城の名を家名としたことに歴史が始まります。
 13世紀になってハプスブルク家が権力を握ると、リヒテンシュタイン家も、その家臣としての地位を高めていきました。そして17~18世紀にかけて「シェレンベルク男爵領」と「ファドゥーツ伯爵領」を買収し、1719年に「リヒテンシュタイン侯国」が誕生し今日に至っています。戦乱の多いヨーロッパにあって、第一次、第二次大戦の戦災を受けることなく切り抜け、かつての貧しい農業国は豊かな経済立国となり、2019年は「建国300年」を迎えました。
 あなたも「日本リヒテンシュタイン協会」の会員となって、この小さいながら魅力溢れる国を、より身近に体験してみてください。

日本リヒテンシュタイン協会のご案内 

リヒテンシュタイン侯国への行き方

リヒテンシュタイン侯爵家の歴史 

侯爵のご著書